大森小が無事故9000日達成

大森小無事故

無事故9000日を達成した大森小

 大森小(岡崎秀明校長)の交通安全無事故9000日達成式は21日、同校なかよしホールで開かれた。
 平成4年4月9日から無事故がスタートし、11月18日に9000日を達成した。
 全校生69人、須賀川署川東駐在所の岩沢哲弥主任、交通教育専門員の須釜一男さんらも同席した。
 式では岡崎校長が「長い期間、事故が起きていません。一人ひとり交通ルールを守り、登下校しているからです。9000日は年数で約25年になります。大事なことはこれからも続けていくことです。命はかけがえのない大事なものです。これからも交通ルールを守って事故に遭わないようにしてください」とあいさつした。
 岩沢主任の話のあと、交通安全推進員の関根将生君(6年)、関根有紀さん(同)が「先輩たちと築いた心がけと努力です。1万日を目ざして頑張って行きましょう」と誓いを述べた。
 スローガンは全校生が応募した中から1年生の関根麗央君の「じこなしでみんながえがおのおおもりだ」が、新スローガンに選ばれ、無事故1万日に向けてスタートした。
 最後にスローガン入り交通安全だるまと一緒に、全員で記念撮影した。