「ル・レクチェ」出荷ピークに

JAレクチェ

ル・レクチェの出荷ピークを迎えている東部選果場

 JAすかがわ岩瀬東部果実選果場は16日、洋ナシ「ル・レクチェ」の出荷ピークを迎え、作業に追われている。
 10軒の生産農家から運ばれたル・レクチェは1箱(約4㌔)の箱詰めで関東・県内方面に出荷されている。
 パート職員ら約20人がル・レクチェを1個1個丁寧に振り分けたりや梱包したりする作業に追われている。
 ル・レクチェは洋ナシで豊潤な香りととろけるような舌触りが特徴で、贈答に最適な果物として人気を呼んでいる。
 約2週間の作業で5000ケースを見込んでいる。