まちなか散策 須賀川の魅力再発見

おくのさか道

ヒントを手にまちなかを散策する参加者

 須賀川のまちなかを散策しながら、魅力を探す参加型ゲーム「ヒミツが眠る?おくのさか道2」は13日開かれ、多くの家族連れがヒントを手に「食いしん坊妖怪ウマボックル」を楽しく探し歩いた。
 須賀川ツーリズム実行委員会主催。ホテルウィング駐車場入り口で配布されたヒントを手掛かりにまちなかを散策し、ウマボックルを探しながら須賀川の魅力を発見、理解を深めるイベント。
 難易度によって2種類のコースが用意され、参加者らはゴールで特製クリアファイルやイベント限定カードをもらい笑顔を見せていた。