東北初「LED田んぼアート」

 かがみいし田んぼアート実行委員会は、東北初の試みとなるLED田んぼアートイルミネーション「きらきらアート」の装置3700個を設置する。26日午前9時から行うイベントの参加者を募集している。
 鏡石町図書館集合で参加は無料。締め切りは22日。参加者は長靴、軍手、防寒服、着替え、タオルを持参する。
 町内の小中学生、岩瀬農業高校生が記入した「将来の夢メッセージカード」を挿入したLED装置「ペットボタル」を「希望の苗」として設置(田植え)する。
 今年の田んぼアート「かぐや姫」の絵柄に合わせて設置し、夜はきれいに輝く田んぼアートになる。参加者には移動販売車「牧場のあーさー♪号」の温かいスープが提供される。
 ペットボタルとは、太陽光発電パネルつきLED(発光ダイオード)を使用し、ペットボトルのような容器に太陽光パネル、充電池、LEDを組み込み、昼の太陽エネルギーで発電・蓄電し、暗くなると自動的に点灯する。化石燃料による発電はなく太陽光エネルギーを利用するものなので地球に優しい。
 点灯式は12月2日午後4時半から町図書館4階展望室で行う。