19日に「仁井田すまいる寄席」

 仁井田地域づくり実行委員会の事業「仁井田すまいる寄席」は19日午後5時から須賀川市(旧岩瀬村)出身の落語家桂幸丸さんと弟子の桂翔丸さん、イリュージョンアーティストの山上兄弟を招き、仁井田小体育館で開かれる。
 前売り券は絶賛発売中で残りわずか。大人1000円(当日券1200円)、子どもは一律500円で市内各公民館、鏡石公民館、文化の森てんえい内生涯学習課で販売している。
 幸丸さんは日本落語芸術協会真打で27年5月から市観光牡丹大使を務める市を代表する落語家。牡丹園発祥250年を記念した創作落語「須賀川牡丹園物語」や「福島方言落語」、「円谷幸吉伝」などの落語で聞き手を魅了する。
 山上兄弟は平成14年10月に世界最年少イリュージョンアーティストとしてギネス世界一認定証を受理し、日本のハリーポッターとも言われ、テレビやCMなどで活躍している。
 問い合わせは仁井田公民館(℡88―1005)まで。