鏡石駅伝・ロードレース大会

駅伝大会

牧場の朝路で元気にゴールを目指す親子たち

 鏡石町の牧場の朝路を1936人のランナーが駆け抜けた第11回鏡石駅伝・ロードレース大会は6日、鳥見山陸上競技場をスタート・ゴールに行われた。
 開会式で遠藤栄作町長らがあいさつし、特別賞として遠来賞が関静男さん(神奈川県藤沢市)、最高齢者賞が上沢勝男さん(75歳)=須賀川市=に贈られた。
 並木翔吾君(鏡石中2年)と鈴木都和さん(同)が選手宣誓し、競技がスタートした。
 ひんやりとした絶好のコンディションの中、ランナーらは自己ベスト更新などそれぞれの目標を胸にゴールを目指し、沿道には町内外から多くの応援者らが駆けつけ、ランナーに声援を送っていた。