20日に「力農cafe」

力農cafe

提供する 「デ味噌ハンバーグ」 と 「ハイブリット豚汁」

 岩瀬農業高校(大和田範雄校長)生産情報科3年生9人は、20日午前11時半から須賀川市中町のkitchenあぐり(西間木崇店長)で今年度2回目の「力農cafe」を開店する。25食限定で販売予定のランチ試作会が4日、同校で行われた。
 サービス業や飲食業の人材育成と地元振興につなげてほしいと西間木店長が協力を申し出て、岩農産と地元産野菜をたっぷり使った、生徒手作りのランチ提供が始まった。
 今回はデミグラスと八丁みそを合わせたソースが決めての「デ味噌豆腐ハンバーグ」、焼ネギなど野菜たっぷりの「ハイブリッド豚汁」、抹茶をメーンにしたデザートの3品。
 生徒らは来店者に少しでも楽しく食べてほしいと、あぐりスタッフのアドバイスをもらいながら、心を込めて料理の試作に取り組んでいた。
 「力農cafe」で得られた収益は、今回も熊本地震被災地への義援金として役立てられる。