西袋第3児童クラブ館がハロウィン訪問

ハロウィン

卸町庁舎を訪れた児童と出迎えるボータン

 西袋第3児童クラブ館の児童15人は31日、仮装して隣接する市役所仮設庁舎などを訪問し、ハロウィン気分を存分に楽しんだ。
 同日は振替休日だったため、児童らは朝から準備に取り組みふなっしーやマリオ、ガイコツ、かぼちゃなどにそれぞれ変身した。
 初めに訪れた卸町庁舎玄関前では市のマスコットキャラクターのボータンと観光交流課職員が出迎え、児童の「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするよ)」の言葉に、準備していたお菓子が配られた。
 このあと生涯学習課や長寿福祉課、子ども課などを訪れた。
 居合わせた市民らは児童らの可愛らしい姿に目を細めていた。