市文化祭総合展が始まる

市文化祭総合展

市民の力作が一堂に集められた文化祭総合展

 須賀川市民の作品が一堂に集まる一大イベント「文化祭総合展」は25日午前9時から中央公民館で始まった。日本画や書、デジタルカメラ写真、現代詩など多くの作品が展示されている。期間は11月1日まで。
 日本画や洋画、書、デジタルカメラ写真など151人の151点が寄せられた。
 総合展開会式は24日、同館前で開かれ、アトラクションで須賀川舞踊協会が踊り「みちのく音頭」などを披露した。
 杉岡一郎実行委員長は「市民による素晴らしい力作を多くの皆さんに見ていただき、29回を迎えることができました。情熱と関心の高さの表れだと思います。心行くまでご覧いただきたいと思います。」とあいさつした。
 来賓の橋本克也市長、広瀬吉彦市議会議長が祝辞を述べ、関係者一同でテープカットし、開幕を祝った。