初めてのエピソードに興味津々

須賀川知る古会

枝正さんのエピソードを紹介する孫の仏原さん

 特撮の神様と呼ばれるウルトラマンの生みの親故円谷英二監督の師、枝正義郎さんを語る「街かど講演会」は16日、孫の仏原和義さんをニューヨークから講師に迎えて地域交流館ボタンで開かれ、今回初めて明かされたエピソードの数々に来場者も感心しきりの2時間だった。
 須賀川知る古会(影山章子会長)の主催、市イメージアップ戦略支援補助金交付事業。市民ら約40人が聴講した。
 枝正義郎は日本映画初期の先駆者として知られ、学生だった円谷英二を映画の世界へ熱心に誘い育てた。
 講師の仏原さんは「100年間封印されたスキャンダル」をテーマに、明治生まれの枝正義郎がどんな経緯で映画技師となり円谷と交流を深めたか、家族の写真や無声映画「坂本龍馬」などを鑑賞し、仏原さんも10年前に初めて母から聞いた思い出など紹介した。