須賀川初ホープス「野球教室」開催

扇谷社長

今シーズンの終了を報告する扇谷社長 (右) と岩村選手兼任監督

 福島県民球団「福島ホープス」による軟式野球教室は11月20日午後1時から須賀川市の牡丹台球場で開催する。参加費は1人100円。市内在住の小学6年生から中学3年生の男女100人を募集している。

 須賀川市スポーツ振興協会のプロスポーツ交流事業として、今年度初めて開催する。

 福島ホープスは東京ヤクルトスワローズ・東北楽天ゴールデンイーグルスに所属しゴールデングラブ賞やベストナインなど受賞、2度のWBC世界一に貢献、元メジャーリーガーの岩村明憲さんが球団代表と選手兼任監督を務める。

 プロ野球独立リーグBCリーグのFUTURE―Eastに加盟し今年で2年目を迎えた。

 今シーズンは前期が36試合で17勝18敗1分、後期は36試合で18勝15敗3分の前後期2位とリーグ日本一を決めるプレーオフまでには及ばなかった。  福島ホープスはいわせグリーン球場を練習グラウンドとして活用しており、選手らが懸命に汗を流す姿が地元住民はもとより、多くの野球ファンの注目を集めてきた。

 初めての野球教室は岩村監督とホープス選手が指導にあたり、軟式野球の技術指導のほか選手らとの交流会を予定している。

 参加は定員になり次第締め切るが、保護者や低学年児童らの観覧は無料で事前申し込みの必要は無い。雨天の場合は会場を牡丹台体育館に移すが、会場の都合で観覧はできない。

 野球教室参加者には福島ホープスオリジナルの「岩村監督サイン色紙」をプレゼントする。ボールやバットは事務局で準備するが、グローブなど必要なものは各自で準備する。

 牡丹台体育施設内は全面車両通行禁止のため、牡丹園駐車場を利用、当日はファウルボールに十分注意が必要となる。

 申し込みは11日から受け付けスタート。問い合わせはアリーナ内スポーツ振興協会事務局(℡76―8111)まで。