若だんな・若社長

No.5

よこたゆうじ横田雄ニさん(38)

横田農園 須賀川市日照田


「おいしい」と言ってほしい

イチゴに愛情を注ぐ

 専門学校を卒業した20歳の時、 いつの間にか両親の仕事であった 「イチゴ」 生産を受け継ぐことに。 今は一手に引き受け78アールのイチゴ生産を手がけている。
 農園独自の有機質たっぷりの肥料を使用したイチゴは、 甘みと酸味のバランスがとても良い。 箱のデザインにオリジナルの 『甘園房』 (あまえんぼう) とネーミング。 名前通り甘くておいしいイチゴと定着し、 口コミでリピーターも多く全国発送を展開している。
 甘さの秘訣となる土作りと苗作りには、 時間を費やし愛情をかけて育てている。
 今年からコンピュター機器を導入し、 水・温度・湿度・二酸化炭素などを一定に保ちながら、 最適な管理を徹底させる技術に取り組んでいる。
 収穫は11月から6月中旬、 7月から10月までは苗づくりと、 1年中イチゴと触れ合っている。 趣味もイチゴ作りと言うほど毎日生産に精を出す雄ニさん。 1人でも多くの人に知ってもらい 「おいしい」 と言ってほしいと、 イチゴに対するその目は輝いている。