ハンサム・ウーマン

No.19

くまだ みく熊田美紅さん(24)

㈲エンドー自動車工業勤務 


〝壊れたものを直す〟に魅せられ

 板金工として日々汗を流している熊田美紅さん。 幼いころから知り合いの自動車整備工場で働く人たちを見て、 「壊れたものを直す」 ことに感動し、 「いつかそういう仕事に就きたい」 と思うようになった。
 高校卒業後、 県立テクノアカデミー浜・自動車整備科に入学。 東日本大震災に見舞われ、 南相馬から会津と、 学び舎が変わったが、 持ち前の明るさでガソリン・ディーゼル2級整備士を取得した。
 卒業後はエンドー自工で板金を担当。 同僚からは 「出来ないと言わない頑張りやさん」 と信頼も厚い。

夏に動き冬はこもる

 趣味ではエレキギターを弾き、 休日には一眼レフのカメラを片手に撮影に出かけることもある。 活発な印象を受けるが、 冬には母親と温泉に行くこともあると。 「夏に動いて冬は引きこもり」 と笑って話す美紅さん。 のんびり過ごすことも好きという。
 将来は車両整備から板金、 塗装と一連の作業を全部やってみたいと抱負を語る。 あどけない笑顔に芯の強さを垣間見た。