フロンティア

No.3

ふじた のぼる藤田昇さん(59)

蕎麦屋 藤田 須賀川市日向町


「おいしい」に励まされて

転職から考えた職人への道

 

 日本たばこ産業勤務から一転して蕎麦屋の店主に。 早期退職して2007年に蕎麦屋 「藤田」 をオープン。 8年目を迎える。

 転職前は、 趣味としてソバ打ちをしていたが、 職業にするとは考えていなかったという。 何かをしなくてはと無我夢中で始まったこの仕事。

 会津のそば店で修行を積み、 器などはこだわりながらとり揃え、 「これしかない、 前に進むしか」 と、 切磋琢磨して今日に至る。

 開店して半年ぐらいはお客様の足取りは重かったが、 徐々に多くの人が足を運んでくれるようになった。

 蕎麦は会津坂下町の契約農家から仕入れ、 「挽きたて」、 「打ちたて」、 「ゆでたて」 のソバを提供している。 自家栽培の野菜も使用し、 つゆは鰹節のみのだしと香り高い十割ソバが、 今ではリピーターも多く、 「おいしい」 と評判となっている。

 人生は何らかの転換期がある。 そんな中でもソバの奥深さに魅せられ、 人生の仕事として 「細く長くおいしいソバを提供していきたい」 と話すその姿には脱帽であった。